マイクロエース  A9575 113系-2000番台 30N体質改善工事施行車 広島色 パンタ増設 4両セット

0

JR西日本では山陽本線・呉線の広島地区で113・115系を運用しています。
国鉄末期の短編成・高頻度運転化による先頭改造や分割・民営化後に行われた冷房改造、リニューアル工事などによって極めてバラエティに富んだ陣容を誇ります。
1999(平成11)年、JR西日本では従来より活躍していた115系を改装する「40N体質 改善工事」を開始しました。
2002(平成14)年以降に登場したグループからは改造内容が一部簡素化され、雨 樋や客室窓の交換が省略されており、「30N体質改善工事」と呼ばれている内容に移行しました。
広島地区の体質改善工事施工車はホワイトをベースに近畿地区の体質改善車に類似して窓周りをブラウン、その下にブルーの帯が入れられているほか、車体裾にもブラウンの帯が入れられています。
近年では床下・台車がグレーに塗装されてイメージが変化しています。

Default