マイクロエース A4470 国鉄113系 関西線色 6両セット

0

1962年、平坦線区用の直流近郊型111系が東海道本線東京口に登場し、その後主電動機を20%アップした113系が1963年に登場しました。
形式上は電動車のみ起こされ、 付随車は111系と共通で、113系は1982年まで増備が続けられ、使用線区の拡大や地域ニーズに応じた各種改造により、 形態や番台区分も非常に複雑です。
近年は後継車両の登場などで淘汰も進んでおり、 次第に勢力を減少しつつあります。
関西線色は1973年、関西線奈良-湊町電化に伴い、灰色に赤帯を入れた「春日塗り」とも呼ばれた113系が登場しました。

Default