マイクロエース 【A2791】 311系  床下グレー 4両セット

0

1989(平成元)年、JR東海は金山総合駅の開業に伴ったダイヤ改正で「新快速」を登場させましたが、このため新快速用新型車両として311系が登場しました。
車体構造は211系をベースとし、曲面ガラスや角型ライトを採用した前面形状、オール転換クロスシートとされ、車内に公衆電話が設置されました。
無塗装軽量ステンレス製の車体にはJR東海のコーポレートカラーであるオレンジ色を基調とし、アクセントとしてアイボリーの細線が入った帯が貼り付けられています。
4両編成15本が製造され、全車が大垣電車区に配置されて主に 東海道線の新快速列車として活躍しましたが、現在では後継となる313系にその任を譲り、主に普通列車を主体として活躍を続けています。
1992(平成4)年頃から、床下が灰色に塗装される様になり、後に側面のJRマークが小型・オレンジ色の物に貼りかえられました。
また、2006(平成18)年からはパンタグラフが順次シングルアームの物に載せかえられています。

Default