マイクロエース A2161 キハ71系 「ゆふいんの森」 4両セット

0

キハ71系は博多~湯布院・別府を結ぶ特急「ゆふいんの森」用に1989(平成元)年3月に登場しました。
キハ65・58からの改造車ですが、非貫通卵型の特徴ある前面形状や上部が絞られたハイデッカー構造を持つ車体が新製されました。
車体色はメタリックグリーンにアクセントとなる金色帯を配したもので、各種ロゴ類や窓枠も金色で華やかさを演出しています。
内装は難燃性木材を多用してレトロ感覚が表現されました。 登場時は3両編成でしたが、増加する乗客に対応して翌年にはミニギャラリー付中間車のキハ70-2が増備されて4両編成になりました。
製品は2003(平成15)年にリニューアル工事を受ける前の姿です。

Default