マイクロエース A4522 国鉄115系800番台・スカ色 急行「かいじ」基本4両セット

0

115系は、東北本線と高崎線の近代化を目的として1963年に登場しました。
勾配・積雪等の線区でも使用することを前提に、113系をベースに勾配抑速ブレーキの採用、耐寒耐雪構造となり、側扉が半自動でも使える構造となっているのが特徴です。
第1陣は東北本線、高崎線用として登場し、1966年からは中央東線にも配属されまし た。誕生後は形態にバリエーションを加えつつ、1983年まで20年間にわたり増備が続けらました。
1968年10月改正で急行「アルプス」の補助列車として「かいじ」「かわぐち」が新設されましたが、3往復は季節列車で115系による運転となりました。
1970年10月改正からグリーン車を連結することになり、新前橋電車区から借り 入れた湘南色のサロ165-15や、スカ色に塗り替えられたサロ165-14が連結されました。

Default