TOMIX 92984 【限定品】 JR キハ58系ディーゼルカー (あそ1962) 2両セット

0

「あそ1962」は、豊肥本線の熊本~宮地間を結んだ観光列車です。「あそBOY」の後継列車として2006(平成18)年から運行を開始しました。
キハ58-139とキハ28-2401が小倉工場で改造され、2両編成で運用されました。
ネーミングはキハ58-139の製造年(1962(昭和37)年)に由来しています。
同車は、昭和30年代をイメージしてデザインされており、濃い茶色をベースに金色の帯をまとったレトロな外観となっています。
車内も、インテリアはもちろんポスターやモニター映像、客室乗務員の制服まで昭和30年代風に統一され、タイムスリップしたかのような感覚を味わうことができました。
また、サイクルスペースが設けられていることも特徴で、無料で個人の自転車を持ち込むことが可能でした。
同スペースにはカウンターが設置されており、フリースペースとしても活用できるなど、快適に過ごせる工夫がなされていました。
旅を楽しめる要素が満載の同車は大変人気を博しましたが、後継の「あそぼーい!」に役目を譲る形で、2010(平成22)年をもって運行を終了しました。

Default