TOMIX 92059 JR E1系 Max 東北・上越新幹線 基本・4両セット

0

1982年に東北・上越新幹線が開業して以来利客が増え続け、特に朝の時間帯の混雑が重要な課題となってきました。
そこで輸送力の増強を目的として1994年に登場したのがE1系です。
愛称名を「Max(マックス)」としたE1系の最大の特徴は、編成全車がオール2階建てとなっていることで、200系の12両編成と比較して約40%も乗車定員が増え、1編成あたり座席数を1235席も確保しています。
また、制御方式にVVVFインバータ/コンバータ方式を採用し、最高運転速度が240km/hとなっています。

Default