グリーンマックス 【4002】 JR キハ200形 「シーサイドライナー」 2輛編成基本セット (動力付き)

0

キハ200形は、JR九州が従来の気動車のイメージを一新するべく、1991(平成3)年に筑豊~福岡地区の時間短縮を目指して投入された快速仕様の近郊型気動車です。
編成は、トイレ付(0番代)+トイレ無(1000番代)の2輌1ユニットを基本とし、車体は811系電車を参考に、通勤時の時間短縮を考慮した両開き片側3扉、座席は居住性を高めるために転換クロスシートを採用しています。
最高速度は110km/hで、新システムを積極的に導入し、曲線通過速度や伝達効率の向上が図られています。
ブルーは大村・長崎本線快速「シーサイドライナー」で活躍していました。
 

Default
  • File

    ぶらうん

    2021/03/09

    実車は大村線からの撤退が決定しました...
    この塗装は今後見られなくなっていくかもしれません...
    どうか模型の世界でも...永久なれ...

    返信する
    • File

      Railwayfan

      2021/03/09

      コメントありがとうございます。
      キハ200のシーサイドライナーは何度か乗車したので馴染みのある車両の一つでした。
      撤退後も模型でいつまでも残して置きたいです。
      YC1系に置き換えられ、大分、熊本、鹿児島地区に転属しますが、カラーリングはそのままなのか、または現在活躍中の同型車と同じになるのか注目の的ですね(^^)

      返信する
    • File

      ぶらうん

      2021/03/09

      どうやら一部編成は赤色塗装になったようです…それ以外の車両はそのままにされています。
      もしかしたら山間部を走るSSLが見れるかも……?

      返信する
    • File

      Railwayfan

      2021/03/09

      やっぱり赤色に塗装される車両もありますか!
      山間部を走るSSLというのも乙ですなぁ〜(´ω`)

      返信する