マイクロエース A0300 マヤ34-2002 高速軌道試験車

0

マヤ34は列車が走っているときの軌道の状態を測定するための軌道試験車として、1959年から1981年にかけて10両が製造され、自車給電用のディーゼル発電機を装備、双頭連結器によりほとんどの車両に連結が可能となっています。
2002~2007は昭和39年より製造された空気バネ台車付で、当初より冷房装置が設けられました。
外観では3つの台車を有することが特徴で、通常走行用の台車間に試験・計測専用の特殊台車を装備しています。
1は10系客車をベースにした車輛で1967年に北海道用として耐寒・耐雪構造が施され2501となりました。
JR東日本の2002のみは平成4年に改造され、光学式・磁気式2種類の非接触の検測方式となりました。

Default