マイクロエース A6091 京成3200形90番台更新車 新塗装 4両セット

0

京成電鉄では1967(昭和42)年、特急「開運」号専用車両として片開き扉の車体にセミクロスシート・トイレ付きの内装を持つ3200系90番台を登場させました。
1973(昭和48年)にAEI形登場に伴いトイレが撤去されオールロングシートとなりました。
また、1980(昭和55)年頃にはファイアーオレンジ地にステンレスの飾りつきアイボリー帯の塗装へと変更されました。
1989(平成元)年、車体更新工事及び冷房改造が行われ、ヘッドライト・テールライトが4つ並んだ顔つきへと変化しました。
また、1994(平成6)年12月には再度塗装変更され、アクティブシルバーをベースに赤と青の帯が入った姿となりました。
2007年3月末にはついに引退となったのです。
 

Default