グリーンマックス  4033 阪神 5500系 4輛編成セット (動力付き) 4両セット

0

1995年の大震災により多くの車輛が廃車になり、阪神電鉄では車輛不足が発生しました。廃車車輛にはジェットカー8輛も含まれており、それに変わるジェットカーの登場が待ち望まれていた中、同年9月に5500系は誕生しました。基本的なデザインこそ8000系を踏襲していますが、VVVF制御装置の初採用や、車体色に「アレグロブルー」と「シルキーグレー」の従来にはないツートンカラーを用いるなど、震災復興と、次世代を目指した新ジェットカーとして、4輌編成2本が新製されました。
その後の増備により、4連9本となり、普通運用限定で活躍中です。

https://youtu.be/HKDO1x_jfN8

阪神電鉄では、急行系の電車と普通系の電車では性能に大きな差を持たせています。特に普通系は、短い駅間を各駅に停車しつつ、次の急行退避駅まで逃げ切らなくてはいけませんから、俊敏な動きの出来る性能が求められます。このような経緯から、阪神電鉄の普通系の電車には他社には無い高い加速度が与えられ、「ジェットカー」という愛称で親しまれています。5500系もそのジェットカーの一つです。5500系は、阪神大震災によって被災し廃車となった普通系の電車の代替のため、当初の導入計画よりも前倒しでデビューすることとなりました。震災からの復興を意識し、従来の普通系車両が纏っていた「青」を継承しつつ、新しい配色となったことが外観の最大の特徴です。5500系の俊足ぶりはテレビ番組でも取り上げられ、5人組の男性アイドルグループとある駅からの250mリレー対決をしたことでも話題となりました。阪神電鉄本線内でその俊足を生かして活躍中です。

Default