マイクロエース  A0872  東武DRC 1720系 特急「きぬ」 6両セット

0

東武鉄道では国鉄に対抗して日光・鬼怒川方面への行楽特急として、現在のグリーン車に匹敵するリクライニングシート、ジュークボックス付きのサロン室などを備えたデラックスロマンスカー(DRC)1720系を誕生させました。
1960年に登場して以来、優美で豪華な私鉄界を代表する特急車両として30年以上も「日光路の女王」として君臨しました。
「けごん」は浅草-東武日光、「きぬ」は浅草-鬼怒川温泉・鬼怒川公園・新藤原間を結びます。1956年製の先代特急車をDRC並の車体に更新した1700系更新車を含め6両9編成が活躍しましたが、1990年に100系「スペーシア」が登場し、1991年に全車引退しました。

Default
  • File

    tomica-loco

    2020/3/2

    小学生の頃、地元から10数キロ離れた東武線の観られるところまで行ってデラックスロマンスカーをよく撮ってました。
    SL大樹もいいけどデラックスロマンスカーを臨時列車で復活させてもらいたいですね。

    返信する
    • File

      Railwayfan

      2020/3/2

      コメントありがとうございます。
      デラックスロマンスカーはどの場所で撮影しても絵になりますよね!
      DRC。私も復活希望です。しかし、実車が保存されているのが東武博物館に先頭車、岩槻城址公園に先頭車、そしてわたらせ渓谷鉄道の神戸駅に中間車が1両しか保存されてないんですよね(~_~;)

      返信する
    • File

      tomica-loco

      2020/3/2

      車両が残ってないんじゃ復活させられませんね。
      昨年の夏クルマでですが足尾まで行きましたけど途中の神戸駅(ごうど)を通った時デラックスロマンスカーには気がつきませんでした

      返信する
    • File

      Railwayfan

      2020/3/2

      次はぜひ。
      神戸駅のDRCは、レストランになっていて、車内で食事を楽しむことができます。現在、唯一DRCの保存車の中でも入りやすいので、オススメですよ^_^

      File
      返信する