TOMIX キハ58 吉四六 (TOMIXキハ58 400 ベース)

0

国鉄末期の1980年代、団体旅行などに使用される「ジョイフルトレイン」がブームとなり、各地にジョイフルトレインが登場しました。大分鉄道管理局ではたたみ敷き、リクライニングシートの「吉四六」(きっちょむ)を登場させました。
側面に大分県の県鳥であるメジロが側面にデザインされ、前面に花がデザインされました。
1992年にジョイフルトレイン大分に再改造され、この塗装は消滅しました。

TOMIX のキハ58 400 をベースにデカールと塗装で作成しました。デカールで作成する車両の私のデビュー作で塗装がボロボロになってしまっております(^_^;)

Default
  • File

    nonstop24hours

    2019/2/19

    キャラ電(ラッピング車輌)が増えたら楽しいだろうな〜と思います。

    返信する
    • File

      Railwayfan

      2019/2/19

      コメントありがとうございます。
      近年はラッピング車両が完成品として出される傾向にあります。
      メーカーにとっても金型は同じで塗装だけ変えれば良いという、うま味があります(^^)
      これからも増えて欲しいですね^_^

      返信する
  • File

    ace

    2019/2/20

    焼酎ぅ?( ゚д゚)

    返信する
    • File

      Railwayfan

      2019/2/20

      コメントありがとうございます。
      二階堂の焼酎、吉四六ですね。とんち話で知られる吉四六さんは大分の出身で、吉四六漬とう、商品名などにいろんな名前がついてます^_^

      返信する
    • File

      ace

      2019/2/20

      横道、失礼いたしました😌

      返信する
  • File

    time_table

    2020/12/17

    鉄道ファンになってから、はじめて撮影したジョイフルトレインかも。懐かしい!!

    返信する
    • File

      Railwayfan

      2020/12/17

      コメントありがとうございます。
      吉四六は元々、鹿児島鉄道管理局にいた「らくだ」がベースなんですよね(^^)
      鉄道雑誌を見て好きになったJTなんですが、私が生まれる前に廃車になっているようで、私も撮影してみたかったです。

      返信する