マイクロエース A0924 165系 「シャトル・マイハマ」 3両セット

0

シャトル・マイハマは1990(平成2)年3月10日、京葉線新木場~東京間延長開業に併せて登場した車両で、幕張電車区の165系をベースに3連1本が改造されました。
外観は側窓が固定窓に交換された他、先頭部のライト形状が変更されてイメージを一新、中間車中央には巨大な太陽をモチーフとしたイラストが描かれるなど、インパクトのあるものとなりました。
座席配置は全席が進行方向に対して海側横向きとされた車両(クハ165-194)や、車体中央部分のみ進行方向横向きとされた車両(モハ164-852)が存在し、変化に富んだものでした。
運転形態は西船橋~舞浜~東京間をピストン運行するものとされ、快速列車扱いとなった事から、ジョイフルトレインにも関わらず全車普通車とされました。
乗車時間が比較的短い事から、編成内の便・洗面所も1箇所のみとされています。
1996(平成8)年7月には上沼垂運転区に転属し、愛称が「アルファ」と改められ外板塗装が青を基調としたものに変更されました。
夏期は各種団臨を中心に首都圏でもよく見られました。冬季は上越地区のスキー臨時運用を主にこなしていましたが、2001(平成13)年5月に廃車となりました。

Default