KATO 【ラウンドハウス)】 10−912 201系 四季彩タイプ 4両セット

0

201系を大胆に改造して誕生した「四季彩(しきさい)」は、JR東日本青梅線の車窓から眼下の多摩川の渓谷美を楽しめるよう、川側の側窓が大きな固定式パノラミックウインドウ、シートがセミクロスシートに交換されています。
各車両には「春・夏・秋・冬」の四季をイメージした配色が採用され、文字通り四季の色彩豊かな青梅~奥多摩間で活躍していました。

Default
  • File

    db108

    2022/07/03 - 編集済み

    この電車は初代の塗装の方が良かったですね。

    返信する
    • File

      Railwayfan

      2022/07/03

      コメントありがとうございます。
      私も同感です(^^)
      新塗装は車両全体にペイントではなく、ラインを描いた後に上からさらにデカールを貼っている感がありましたね。

      File
      返信する