KATO 10 10−463 【特別企画品】 115系 身延線色 4両セット

0

身延線用の115系は、旧形車両の置き換え用として昭和56年(1981)に登場しました。
この2000番台は300番台の改良形でシートピッチが拡大されていることが特徴ですが、身延線用の2000番台は更に同線の実状に合わせた変更が施されました。
車両構成は全車両が冷房準備工事車で、編成自由度を上げ、転属等にも備えるために運転台付車両の比率が高く、身延線の最小編成単位を3両とするため新規にクモハ115 2000番台が設定されました。
また、モハ114は同線の建築限界の低さに合わせて低屋根化され、2600番台が付番されています。
登場時の4両編成には乗務員のドア扱いの便宜を図る(編成中に乗務員室を均等配置する)目的でクハ115が背中合せに2両連結という変則的な編成が採用されて(後にクハ115-2100の連結位置は組み替えられました)異彩を放ちました。
塗色にも身延線の特色が反映され、全体に甲州ぶどうをイメージしたワインレッド(赤2号)、中央部に富士山の雪をイメージしたホワイト(クリーム10号)のストライプが配された独自のカラーリングとなりました。

Default