マイクロエース 【A0190】 ED79 53/59 重連セット 2両セット

0

津軽海峡線のコンテナ列車増発に伴う輸送力増強用として1989年から1990年にかけて10輌が製造されました。
従来から活躍している0・100番台が改造で誕生したことに対して、50番台は新製によっています。
ひさしの取り付け、前面形状の変更、ATC装置の改良により運転方向限定の解消など、従来機と比較し一部マイナーチェンジが施されています。
53号機は1989年5月23日製造、59号機は1990年2月10日製造で、五稜郭機関区に所属し貨物列車を中心に活躍をしています。

Default