マイクロエース A0193 ED79 7/106 重連セット 2両セット

0

ED79は1986年から1987年にかけて、青函トンネルを通過する列車牽引用としてED75-700番台を種車に本務機用の0番台21輌、補機用の100番台13輌が改造されました。
青函トンネルの連続勾配に対応するため回生ブレーキ付きとなり、運転保安装置はATCも搭載しています。
100番台は重連用補機機関車で、設定重量1000tの貨物列車牽引に必ず0番台と重連で使用されました。
7号機は1975年9月11日製造のED75 763が種車、106号機は1971年7月22日製造ED75 728が種車で、青森運転区に所属し各寝台特急・急行「はまなす」、快速「海峡」、貨物列車などの牽引をしていました。

Default