愛称板 急行 日南/急行 ◯大 向

0

1960年に日豊本線、別府~西鹿児島(現・鹿児島中央)間の準急として登場し、その後、1966年から急行に格上げされました。
1968年1改正には、夜行急行の愛称として抜擢され京都・新大阪・大阪~宮崎・都城・延岡を結ぶようになり10系客車・スハ43系などによる編成で、1973年の牽引機では下りの日南3号の宮崎以南の牽引を担ったのがC57形であり、これが国鉄最後の蒸気機関車牽引定期急行で1974年で終了しました。1975年から運転区間が門司港−西鹿児島間へと設定され、1993年に「ドリームにちりん」に格上げされるまで活躍しました。

◯大 大阪鉄道管理局
向 向日町運転所

Default
  • File

    tomica-loco

    2019/4/20

    30年くらい前に一度、寝急の日南に乗ってみたいと計画していましたけど結局乗れないままに終わってしまいました。
    寝急のかいもんに同じに乗れないままダイヤ改正で廃止に残念ですね此の手の車輌がなくなるのは

    返信する
    • File

      Railwayfan

      2019/4/20

      コメントありがとうございます。
      日豊本線経由の日南も由緒ある列車ですので、鹿児島本線経由のかいもんと共に乗車を目指した方も多いはずです^_^
      行きは日南、帰りはかいもんという方もおられました。
      JRの急行であった、はまなすも廃止されてしまい、定期急行が日の目をみることは高速化が当たり前になった今、致し方ないのかなと思いました。本当に残念です。

      返信する
  • File

    チュル

    2019/4/20

    愛称板イイですよね。
    この年季が入った感じがまたたまらない魅力だなと思います。
    何年か前に、鉄道のイベントみたいのやってて、そこに大量の愛称板とサボ?(「秋田↔︎青森」←こんな感じのやつです)が売ってて、めちゃめちゃ欲しかったんですが、一枚10万超えとかあって🥶さすがに買えませんでした(笑)
    仕方なくレプリカだけ買って帰ってきた事あります。
    愛称板も急行「東海」とか「犬吠」とか「さんべ」とかレアなのから有名なのまで大量にあって、釘付けになりました。
    あと、夏に深夜に新潟県の村上駅の中ウロウロしてたら、「村上↔︎酒田」とか置いてあって、うわー欲しいな〜って思いました(笑)
    どうやったら安く手に入るんだろか?みたいに思いますね。
    現在のLEDもカッコイイですけど、ホーローとかで出来てる愛称板とか本当魅力ありますよね🚃

    返信する
    • File

      Railwayfan

      2019/4/20

      コメントありがとうございます。
      愛称板はほどよい使用感がたまりません。最近は仰る通り愛称はともかく行き先までLED化されちゃってますからね(^_^;)
      サボは鉄道部品のダントツの人気ですね。特にホーロー製。コレは余裕で10〜30万しちゃいます。さらにチュルさんの仰る秋田⇔青森と書かれた循環式サボなんかは鉄道ファンからするとヨダレが出ます。
      もちろん愛称板も人気です。あまり走らなかった列車なんかは驚異の16万で売られてました(北海道であまり走らなかった急行 大草原など)
      数年前でも、「東海」「犬吠」が売られてたんですね。生でお目にかかれただけでも羨ましいです^_^鉄道会社の倉庫に一体どれだけストックがあるんだ!と思ってしまいます。
      最近は、鉄道部品店も、鉄道会社も鉄道人気をはからってどれも鉄道コレクターの足元を見た値段になって高くなっています。
      私は地方なので鉄道部品販売イベントは皆無ですが、他所に行った際の鉄道部品店をよく覗きます。大体が手の届きにくい値段で売ってます。マッチ箱くらいの鉄道部品でも5000円はしてました。

      返信する