冴島大河 緑

0


SEGAのアクションゲーム「龍が如く」シリーズ登場する人物の一人。
関西弁を喋る大柄かつ屈強な体格の持ち主。
「極道18人殺し」は桐生に匹敵する東城会の伝説となっており、桐生と共に東城会の象徴的存在となっている。戦闘能力においても100人もの武装した受刑者を事も無げに全滅させる、通常の倍以上のサイズの巨大熊を素手で倒す、走行して自分に突っ込んできた自動車を受け止めるなど人間離れしている。かつては笹井組に若衆として所属していた。背中に自身と笹井組長の縁を表す「虎(大河=タイガー)」と「笹の葉(笹井組から)」の刺青がある。真島吾朗とは堂島組内嶋野組構成員であった頃から渡世の兄弟である。

Default