鉄道コレクション  銚子電気鉄道  デハ301・デハ501 2両セット

0

デハ301
新潟鉄工所で1930年に製造された車両です。鶴見臨港鉄道モハ105形として竣工されました。銚子電気鉄道には1951年に譲渡されました。
入線にあたり集電装置をトロリーポールに変更、その後ビューゲルになり、1990年にパンタグラフに戻されました。
現在は営業用では使用されず、事業用車になっております。

デハ501
日本鉄道自動車工業で1947年に製造された車両です。銚子電気鉄道へは1972年に譲渡された、銚子電気鉄道初のパンタグラフを装備した車両です。
模型では新塗装になった頃を再現しています。
実車は1999年に廃車となりました。

Default