マイクロエース A8406 満鉄パシナ979 1次型スカイブルー

0

1934年11月1日、南満州鉄道(満鉄)の超特急「あじあ」号の運転開始に際して製造されたのがパシナ型機関車です。
パシフィック型機関車の7番目の設計なのでこのように呼ばれました。
その後1936年には風洞実験の結果に基づいて流線型カバーの形状を変更したパシナ981が川崎車両で製造され、その特異な形状から「ヘルメット型」の異名がありました。
動輪径2,000mm、全長25.6mで東洋一の大きさを誇り、ボイラーからテンダーに至るまで流線型のカバーで覆われ、最高速度120km/hで営業運転を行いました。
登場時の塗装には諸説あり、一般にはスカイブルーまたはライトブルーとされていますが、戦時中にはダークグレーに塗装されていました。
戦後は中国に接収され、SL7型として活躍した後に1970年代には引退しました。
1980年代初頭にSL751号が復元され、現在は瀋陽蒸気機関車博物館にて静態保存されているほか、大連機務段にはSL757号が静態保存されています。

Default
  • 早そうな機関車ですね! 色も鮮やかです!

    返信する
    • File

      Railwayfan

      2020/10/14

      コメントありがとうございます。
      水色一色と流線形でインパクトのある蒸気機関車ですよね(^^)

      返信する
  • Animals 16

    Jason1208

    2020/11/01 - 編集済み

    AIによるカラー化だそうです。
    https://youtu.be/QkBNn9gPfvU

    返信する
    • File

      Railwayfan

      2020/11/01 - 編集済み

      コメントありがとうございます。
      パシナが動いている映像が貴重ですね。
      映像を見て大きさも新幹線くらいあったのかと感激してます。
      大変貴重な動画を教えていただきましたm(_ _)m

      返信する