鉄道コレクション 第7弾 大井川鐡道 クハ2000形

0

1963年から1971年にかけて、3両編成4本が製造・導入された伊豆箱根鉄道初の自社オリジナル車。
伊豆箱根鉄道では1991年まで活躍し、廃車後は2両編成に短縮化された上で大井川鉄道(今の大井川鐵道)に譲渡される。
車体塗装はかつての西武の標準塗色に似た赤とベージュのツートンカラーとされており、その塗装から「赤電」と呼ばれ親しまれていた。

Default