KATO 2019−2 C62 東海形

0

C62は、戦後の昭和23年(1948)~昭和24年(1949)に旅客用機関車の不足を補うため、余剰気味の貨物用機関車のうちD52の車両ボイラーを転用し改造名義で49両が製造されました。
東海道本線では主につばめやはとを牽引しました。

Default
  • File

    利右衛門

    2022/06/29 - 編集済み

    シロクニいいですね〜🎵
    だいぶ前に梅小路へ見に行った事があります。動態保存は熱かったですね!🔥

    返信する
    • File

      Railwayfan

      2022/06/29

      コメントありがとうございます。
      C62には迫力があってカッコいいありますよね(^^)
      梅小路はほとんどの蒸気機関車がいますからね。あそこに行ったら一日中帰りたくなかったです(笑)

      返信する