マイクロエース A9509 D51−859 標準型

0

昭和11年から1115両が作られ、日本を代表する蒸気機関車がD51である。昭和18年〜19年に製造された。106両は戦争の影響で材質の悪化や代用品(木製のデフ・ナンバープレートなど)が使用され始め準戦時型の設計で落成された。859号機もその内の一台で昭和18年11月19日に国鉄鷹取工場で新製された。戦後量産型に準じて改装され、昭和47年に廃車となった。

Default
  • File

    tomica-loco

    2018/11/16


    先月から千葉県在住の方の個人所有だったD51が無償で提供され展示されたと聞いて茨城県筑西市のザ.ヒロサワシティと言うところに行って来ました。
    D51 1116が、その横には北斗星の車両、関東鉄道常総線の車両の他、バイク、旧車の外車、国産車が展示されていてバーべキュやキャンプ場、ゴルフ場、クルマのオフロードコースなんかもありました。
    クルマ、バイク、鉄道車両は無料で観られます。

    File
    返信する
    • File

      Railwayfan

      2018/11/16

      コメントありがとうございます。
      D51が個人所有というのは凄いですね。
      このD51は北海道仕様の二つ目ですね。
      ヒロサワシティ行ってみたいです^_^
      私は関東は遠いので機会がある時しか行くことはできないですが、近くに行ったら、寄ってみたいですね

      返信する