マイクロエース A9714 9600形 9633 ゼブラ塗装

0

9600形9633 ゼブラ塗装

9600形は大正時代の代表的貨物用機関車で、大正2年から15年の間に770両が製造されました。 四国以外の全国で使用され、現在でも「キュウロク」のニックネームで親しまれています。機能性に 優れていたため50年以上も使用され、1976年の国鉄蒸気終焉まで活躍したものもありました。各線 区に応じて個別の改造をされたために、バリエーションが多いことが特徴です。
9633号機は、小樽築港機関区在籍中にかつてのNHKテレビドラマ「旅路」に使用された有名機でした。現在梅小路蒸気機関車館に保存されています。当製品は、小樽築港時代に前面及びテン ダーがゼブラ模様に塗られ、入換用に活躍していた頃がプロトタイプです。

Default
  • File

    TWIN−MILL

    2018/10/2

    このゼブラという心地よい違和感。。。良いですね。
    何故か雪景色に似合うイメージがあります😁👍。

    返信する
    • File

      Railwayfan

      2018/10/2

      コメントありがとうございます。
      仰るとおり、ゼブラは雪国のイメージがありますね。
      大胆に塗ったSLも好きです。

      返信する