マイクロエース A7042 C50−66 ゼブラ塗装

0

8620形の増備型として改良を加えられ誕生したのがC50形蒸気機関車である。
昭和4年から8年間で58両が製造又は移管され、四国と日本海側(本州)を除く全国で使用され。
その内5両は台湾へ送られてCT250という形式に改良された。
66号機は糸崎機関区に所属され入換用の機関車として使用された。
テンダー後部にはななめに黄色の警戒色(ゼブラ塗装)・側面には安全マークげ入り目立つ存在だった。

Default