マイクロエース A7202 C58−98 北見機関区

0

C58−98 北見機関区

昭和13年から427両が製造された客貨両用の中型機関車です。8620形のスピードと9600形のパワーを合わせた設計とし、北海道〜四国・九州の全国でC58は見ることができた。
この98号機は、初期タイプの一次形で昭和50年に北見機関区かへ転居になり、そこで発車となりました。デフレクターの上には大きなツララ切りがつくのが大きな特徴です。

Default