マイクロエース  A7108 C55−16 一次型・旭川機関区

0

C55−16 一次型・旭川機関区

C55は1935(昭和10)年から製造が開始された、急行列車用の蒸気機関車です。大正時代から増備された C51の後継機として、C54の設計を改良して登場しました。C5-1~19までの19台は1次型と呼ばれます。 C51と比較して直線的なデザインや、ボイラー上のドームが一つにまとめられたこと、「水かき」と呼ばれる補 強の付いたスポーク動輪などの外見上の特徴があり、後継形式となるC57と共に1975(昭和50)年まで活躍 を続けました。現在1次型のうち、1号機が梅小路蒸気機関車館に静態保存されています。C5-20~40ま での21台は当時世界的に流行していた流線型のカバーを取り付けて登場し、全国各地で急行列車の先頭 に立って活躍しました。後に保守上の理由や戦争の激化に伴ってカバーが順次取り外され、戦後に一般 的な形態に改造されて消滅しました。

Default