マイクロエース A0840 789系 特急「スーパー白鳥」基本5両セット

0

789系は2002(平成14)年八戸-函館間に新設された特急「スーパー白鳥」用の交流用特急型電車で、ステンレス車体を採用し、キハ283系やキハ261系をベースにしたデザインと、状況に応じて5両編成(当時)または8両編成で運転できる点が特徴です。
その後、2006(平成18)年には増備車が作られ、基本編成が5両編成から6両編成に、増結編成が3両編成から2両編成に改められました。

※本品発売時の情報です。

Default
  • File

    db108

    2021/6/29 - 編集済み

    この特急電車は2006年の元旦に正月パスで函館まで行った際に八戸から乗りました。
    結局全区間立ちっぱなしでした。
    一部の列車は蟹田~木古内間に限れば、表定速度120㎞だったと思います。
    模型ではマイクロの独壇場でしたが、最近関水でも銀色の車両を製品化しましたね。

    返信する
    • File

      Railwayfan

      2021/6/29

      コメントありがとうございます。
      函館から八戸まで立ちっぱなしだったんですかΣ(゚д゚lll)
      足が棒になりそうです(^^;;
      蟹田から木古内間の青函トンネルでスーパー白鳥は23分くらいで通過しますし速いですね。
      銀色の1000番台は、まだKATOが出してない頃、マイクロ製品が中古で10万円と正気の沙汰じゃない値段で出ているのを見たことあります(^◇^;)

      返信する