マイクロエース A0841 789系 特急「スーパー白鳥」 増結3両セット

0

JR北海道は青函トンネルの開通15周年を目前にした2002年に、JR東日本の東北新幹線盛岡-八戸間延伸開業にあわせて、津軽海峡線の新たな輸送体系を整備し、鉄道輸送量の維持および拡大を図るために、函館-八戸間を直通する789系特急型交流電車を投入しました。
青函トンネル内において上り勾配を含めて140km/h走行が可能で、特急 「スーパー白鳥」として函館-八戸間を最速2時間52分で結び、それまでの快速「海峡」に 代わり2002年12月1日にデビューしました。
先頭車側面には「Hokkaido Express Advanced Train」という意味を表す「HEAT789」というロゴが入っています。
函館運輸区に全23両が配属されていました。

Default