KATO 10-1627 JR四国 N2000系 3両セット

0

高徳線向けに1997年より量産が開始された、2000系の出力増強形であるN2000系。
量産先行車を経て登場した量産車は、精悍な前面形態とカラーリングでイメージを一新しています。
特急「うずしお」の運用が主ですが、「しまんと」にも充当されます。
近年の新形式増備に伴う転配により、予讃線の「宇和海」でも見られるようになりました。また、2000系との共通運用もあるため他の列車においても2000系との混結で様々な編成パターンが見られることが特徴です。
先頭車(下り向き・上り向き2種)と中間車の計3種のシンプルな車種構成で、その他2000系とほぼ同様の外観を持つ量産先行車も存在します。
モデルでは「うずしお」に見られるN2000系のみの整った編成をはじめ、「南風」+「うずしお」の併結のほか、N2000系と2000系を混結した気動車ならではの多様な編成が再現可能です。さらには反射板シール付きで回送時に1両で独走して行く名シーンも再現できます。

Default