KATO 1-813 ヨ5000

0

ヨ5000形はコンテナ特急「たから号」の緩急車として使用するために、1959年からヨ3500形緩急車の走行装置を2段リンク化改造し、最高85km走行に対応させた車両です。
居住性のよさから、後にヨ5000形として新製された車両も加わり、1985年の車掌連結廃止まで活躍しました。

Default