マイクロエース A2880 485系 特急「ビバあいづ」6両セット

0

上野から会津地方を連絡する特急列車は長らく485系による「あいづ」が運転されていました。
磐越西線の64.6kmの区間を運転するミニ特急となった「あいづ」は、あらたに特急「ビバあいづ」として活躍を開始しました。
「ビバあいづ」専用として勝田電車区所属の6両編成の485系1本が抜擢され、車体塗装はシルバーをベースに会津の山並みをイメージした黒、赤べこの赤のストライプが入ったものに一新されました。
3号車には会津地方の特産品を展示するコーナーが設置されて「インビテーションカー」と呼ばれました。

Default
  • File

    tomica-loco

    2018/10/3

    自分が見ていたあいづとひばりは485系のボンネットタイプでした。
    後にひばりは583系になってあいづはそのまま485系でした。
    小中学生の頃は鉄道が好きだったので朝早起きしてはあけぼのだとかゆうづる、はくつる等の写真を撮ってましたよ。ひばり、やまびこは1日12往復くらいしていたと思いますが学校の登下校時に観てました

    返信する
    • File

      Railwayfan

      2018/10/3

      コメントありがとうございます。
      私は国鉄の世代ではないので、国鉄時代を味わったことがないため羨ましいです。
      下校時に名車が見られるなんてヨダレが出ますよ^_^

      返信する