マイクロエース  A1962 キハ59系 フラノエクスプレス 4両セット

0

急行用気動車として昭和36年3月に北海道用キロ26・キハ27・キハ56が登場し、4月には信越線用キロ27・キハ57が登場しました。そして5月には本州用キロ28・キハ28・キハ58が製造されました。
3形式とも20番台(キロ26~キハ28)は1エンジン、50番台(キハ56,57,58)にはエンジンが2台搭載されています。
長期にわたり大量に増備されているので形状に変化が見られます。
昭和60年、JR北海道はリゾートホテルとタイアップし専用の車両を登場させました。それが「アルファ・コンチネンタル・エクスプレス」で3両編成で運転されていました。
昭和61年に1両増備され4両編成になりましたが平成7年に廃車されました。
フラノエクスプレスは昭和61年から冬季・夏季に運転された臨時列車で、千歳空港-札幌-富良野間で運行されました。
平成2年~5年にはアルファ・コンチネンタル・エクスプレスも使用され、前面・側面に専用マークが掲げられました。

〜モデルについて〜
82系じゃないフラノエクスプレス!?
フラノエクスプレスと言えば82系の方を思い浮かべます。
この商品は平成2年~5年に運転された「アルコン」車両によるフラノエクスプレス号を再現しているようです。
しかし、資料がほとんど見つかりませんでした。
仕様はアルコンことアルファコンチネンタルエクスプレスと前面と側面のロゴ以外ほとんど変わりません。
例えるならアルコンが"スパゲッティ"ならフラノは"スパゲティ"という名称変更で出しとこうぜ!というなかなかエンスーな商品です。

Default