マイクロエース A4120 185系 新特急 7両セット

0

1981(昭和56)年、国鉄は185系電車を登場させ、暖地型の0番台と寒冷地対応の200番台が製造されています。
登場当初はアイボリー地に緑色の斜めストライプが入った、極めて斬新な デザインで大きな話題となりました。
200番代は側面に緑帯を巻き「新幹線リレー号」として上野- 大宮間で活躍しました。

Default
  • File

    db108

    2022/2/28 - 編集済み

    地元なのでリレー号は毎日見ていましたので懐かしいです。
    グリーンとアイボリーホワイトの爽やかな塗装が良かったと思います。
    因みにこの車両は碓氷峠の弊害で東海道線の踊り子号とは編成が逆向きでした。

    返信する
    • File

      Railwayfan

      2022/2/28

      コメントありがとうございます。
      今年でリレー号も40周年ですね。
      この爽やかな塗装が好きです(^^)
      踊り子号の編成が逆向きの理由は横軽だったんですか!
      形式番号が9のイメージですが、185系も碓氷峠を登っていた時代があったんでした。
      横軽対策で空気バネパンク装置装備や63と連結するため連結部分が強化されていたんですよね。

      返信する
  • File

    tomica-loco

    2022/4/4 - 編集済み

    あかぎ

    File
    返信する
    • File

      Railwayfan

      2022/4/4

      コメントありがとうございます。
      あかぎのイラストマークが美しいです(^^)
      ここは上野駅15番線ホームですね。
      お写真と今と雰囲気がずいぶん変わりました。

      返信する