マイクロエース A4130 185系 エクスプレス185 7両セット

0

1981(昭和56)年、国鉄は東海道線東京口で使用されていた153系急行型電車の老朽置き換え用として新 設計の185系電車を登場させ、暖地型の0番台と寒冷地対応の200番台が製造されています。
200番台の登場当初はアイボリー地に緑帯の姿でしたが、1995(平成7)年から順次リニューアル工事が開始され、 腰掛が回転リクライニングシートに交換されるとともに、外板塗装が全く新しいものへと変更されました。
新前橋電車区所属(現:大宮車両センター所属)の車両はホワイトをベースに赤・グレー・黄色のブロックをあしらい、「EXPRESS185」のロゴが入れられています。

Default