KATO 10−182 253系 成田エクスプレス 直流特急型電車

0

初代成田エクスプレス253系は「N’EX(ネックス)」の愛称で、新東京国際空港(成田空港)と都心を結ぶアクセスの特急として平成3年(1991)3月に登場しました。
本品は3+3両の初期編成です。ロゴはインレタになっています。

Default
  • File

    db108

    2021/3/9

    関水の253系は自分も約27年前に買いました。
    今でも快調に走ります。
    この製品はマークが別売りのインレタでしたし、JRマークもJR貨物用の物で代用しました。
    TOMIXと競作でしたがこちらは室内灯標準装備なのでお得でしたね。
    自分は未だ外国には行った事がありませんが、この特急には一度だけ乗った事があります。
    しかし普通車の座席がリクライニングしないのには不満足でした・・・
    グリーン車は超豪華だったらしいですが。

    返信する
    • File

      Railwayfan

      2021/3/9

      コメントありがとうございます。
      253系は最初は3両編成が基本だったんですよね。
      ロゴマークのインレタが入っていますが苦手なので、今だに手付かずになってしまっております^^;
      この時代のKATOは室内灯が標準装備だったのがおいしいですよね。
      そういえば、私も乗車したことがありますが、仰います通り普通車はリクライニングしないんですよね。
      座り心地もなんだか固くて浅かったような。
      昔のグリーン車はデッキにドリンク飲み放題の冷蔵庫があって、それも缶ジュースタイプになっていたそうですが、普通車の乗客がグリーン車を通り抜けて持っていってしまうことが多発したため、すぐに撤去したそうです。

      返信する