海底原人ラゴン(エクスプラス・ポリストーン製)

0


昭和41(1966)年8月7日放映

ウルトラマン第4話「大爆発五秒前」に登場する海底原人

体長 30メートル ウルトラマンが40メートルですから、10メートルの差は大きいと思います。

攻撃は口からの怪光線と水中での戦いを得意としている。

付属の原子爆弾を口に銜えさせてみました。

材質:ポリストーン

サイズ:30cm=1/144スタンダードサイズ

原型師:村上 寛

メーカー:エクスプラス初期の作品
https://youtu.be/0bWbmeA6xf0

Default
  • File

    8823hayabusa

    2018/09/08

    そう、初めてラゴンの身長の設定値を知った時、10mの差は大きいよなーっと思ったものです。

    まあ、ラゴンに限らず必ずウルトラマンに合わせて近い身長を合わせなくて良いのですが(不自然だし)。

    ラゴンは何気に怖いです。

    返信する
    • File

      bigmac

      2018/09/08

      コメントありがとうございます。今ではこの何でもありの昭和設定が好きなんです。!(^^)!当時の大小の不思議検証も楽しみの一つです。またのご来館お願いします。

      返信する
  • File

    ひろちゃん☆

    2018/09/10

    リアルですね~、爆弾がまたいいですね~~♪

    でも、戦ってるときのウルトラマンと身長差なかった気がします笑。

    返信する
    • File

      bigmac

      2018/09/10

      youtubeで映像チェックしましたが、同じ身長に見えますね(笑)原爆は忠実に再現されていました。便利な世の中です本当に!(^^)!なんでこのような情報を作る意味が分かりませんね!子供用の図鑑用なんでしょうか?何でもありの昭和好きです。コメントありがとうございます。

      返信する
  • File

    オマハルゲ

    2020/12/14

    このアイテムは当館でも展示予定ではありますが、保管場所のレンタル倉庫が狭くて箱は処分してます。なので現状破損してないか、確認も兼ねて年内最後のサルベージに向かわねば❗

    返信する
    • File

      bigmac

      2020/12/15

      omaharuge102館長さん!コメントありがとうございます。お持ちなんですね!(^^)!展示楽しみにしております。

      返信する