長野電鉄沿線温泉名所交通鳥瞰図

0

長野県の北部を走る長野電鉄は、仏都長野市を抜け、スキーのメッカ志賀高原を結ぶ地方ローカル線です。沿線にはリンゴ畑やかつて製糸業で賑わった土蔵づくりの街並みがあり、ほのぼのとした雰囲気を味わうことができます。さて、本鳥瞰図は鳥瞰図絵師である吉田初三郎が昭和5年(1930)に作成したものです。鮮やかな色彩が特徴で、長野市の象徴である善光寺から湯治場である湯田中・渋方面のちょっぴり誇張された宣伝も見どころです。現在は廃線となった電鉄屋代線松代駅付近には歴史ファンにはたまらない川中島古戦場が描かれ、かの武将山本勘助の胴と首を合わせたといわれる胴合橋(どうあいばし)も忘れません。

#鳥瞰図
#吉田初三郎
#昭和レトロ

Default
  • File

    manatii

    2020/3/25

    2020.3.25 キャプションに年代を追加しました。

    返信する