File

CANNONBALL ADDERLEY LP

25

キャノンボール・アダレー (as) 1928 年生まれ。
1955 年、オスカー・ペティフォードが、演奏していた、クラブ・セッション に、飛び入り参加し、圧倒的なテクニックで、一夜にして、その名を知らしめる。
この年、チャーリー・パーカー が、死去し、若手アルトサックス奏者には、名を売るチャンスが、やって来る。
ジャッキー・マクリーン、や、フィル・ウッズ、 は、キャノンボール の、この時の、演奏を聴き、愕然とする。
マイルス・デイビス は、彼の演奏を聴き、メンバーに、誘うが、断られ、止む無く、ジョン・コルトレーン を、メンバーに、入れる。
直ぐに、クインシー・ジョーンズの、推薦で、SAVOY レーベルに、デビュー・アルバム を、録音する。
1958 年になっで、やっと、マイルスは、キャノンボールを、メンバーに引き入れ、その年、BLUE NOTE レーベルに、マイルスの、強力な、サポートを、受け、名盤 SOMETHIN' ELSE を、翌年、KIND OF BLUE を、録音する。
その後は、弟 NAT ADDERLEY (tp) と共に、RIVERSIDE レーベルに、移籍する。
もし、マイルスの、誘いを、最初に受けていたら、ジョン・コルトレーン は、世に出ただろうか ?。
マイルスの、音楽も、違ってきたのでしょうか ?。