File
File

BAR TIMES STORE

  • #カクテルシェイカーだけでも100種以上揃えるバーツール専門店
  • #実店舗あり
  • #休止の可能性あり
  • #東京都

BAR TIMES STORE は、東京都 銀座にあるバーツール専門店。

カクテルシェーカーだけでも100種以上、世界でも屈指の品揃えを誇り、国内外から多くのバーテンダー足を運ぶ。

店頭の商品はすべて手にとって感触を確かめることができ、幅広い商品ラインナップから自分にあった道具を選ぶことができる。

プロフェッショナルなバーテンダーはもちろん、自宅でカクテルやウイスキーを楽しみたいという愛好家にもオススメだ。

WEBマガジンやYoutubeなどメディアも運営しており、日本のバーカルチャーと高品質なジャパニーズツールの魅力を国内外に発信している。

東京都中央区銀座5-1-8 銀座MSビル6F 大きな地図で見る

03-6801-6767

定休日 / 年中無休(年末年始を除く)
12:00〜18:00

*お店に足を運ぶ前に、HomePageで最新の情報を確認することをお勧めします。

RECOMMEND BRANDS

RECOMMEND STORY

シンプルを極めたタフな一品。使って良し、飾って良しのSTUSSYのツールボックス_image

シンプルを極めたタフな一品。使って良し、飾って良しのSTUSSYのツールボックス

スタイリストの平健一さんに紹介していただくのは、質実剛健なツールボックス。「STUSSY Livin’GENERAL STORE」が新潟三条のメーカーに別注して作ったアイテムだ。このブランドは毎シーズンチェックしているそうだが、中でも紹介する工具箱は一目みて気に入ってしまったそう。

切手愛好家・岡田 博義さんの切手とともに甦る懐かしい風景とは。_image

切手愛好家・岡田 博義さんの切手とともに甦る懐かしい風景とは。

子どもの頃に切手収集をしたことがある、という人は一体どれほどいるだろうか。今回インタビューした岡田博義さんも1970年代頃の切手収集ブーム時に夢中になった少年の一人。切手コレクター岡田さんが数センチ四方の小さな紙片にどんな魅力を感じ、夢中になっていたのか。数十冊の切手コレクションファイルを前に切手収集の楽しさを語ってもらった。

木と家具(第1回)
無垢の木のオーダー家具ができるまで —アオゾラカグシキ會社—_image

無垢の木のオーダー家具ができるまで —アオゾラカグシキ會社—

家具についてインターネットで調べていると、「クラシックスタイル」といった言葉を多く目にする。

どこの地域の「古典的な様式」の家具なのかそこからは読み取れず、ローカルから離れて均質化されきったことを感じさせるが、家具一つひとつには、これまで積み重なってきた歴史や作り手の考えが反映されていることは間違いない。そこを掘り下げると家具をもっと面白がれる軸ができる気がする。

日本にもアートセンターを。石井孝之氏が語る、作家と鑑賞者をつなぐ「シームレス」な構想_image

日本にもアートセンターを。石井孝之氏が語る、作家と鑑賞者をつなぐ「シームレス」な構想

現代アートを扱うギャラリーはまだ少なかった1994年。当時31歳の石井孝之氏が、「見よう見まね」で立ち上げたのがタカ・イシイギャラリーだった。写真界のレジェンドたちと、どのように繋がったのか。作家をどのように見出すのか。写真を中心に現代アートをコレクションしている小松隼也さんが話を聞く。