File
File
File
File
File
File

ショウワノート

  • #ブランド
  • #文房具
  • #富山県

創業75年のショウワノートは「子供から大人までに愛される製品づくり」を追求した昔のジャポニカ学習帳デザインの文房具など懐かしい製品を展開。大人に向けた新しい「BETWEEN」ノートは、ノート中央の段差を無くした"水平開き"製本で2019年のグッドデザイン賞を受賞している。

〒933-0826
富山県高岡市佐野850 大きな地図で見る

*お店に足を運ぶ前に、HomePageで最新の情報を確認することをお勧めします。

RECOMMEND BRANDS

RECOMMEND STORY

革の王道のなめし方、植物タンニンなめしとクロムなめしを比較する_image

革の王道のなめし方、植物タンニンなめしとクロムなめしを比較する

「なめし」とは、動物の皮から革へと変化させる工程だ。なめしの工程ではどんなことをしているのか、なめしの種類によってどう革が変化するのかを植物タンニンなめし、クロムなめし、混合なめしそれぞれ紹介していこう。

期間限定展示! 雪景色の中を駆け抜ける、マンダリンオリエンタル東京のクリスマス鉄道模型ディスプレイ。_image

期間限定展示! 雪景色の中を駆け抜ける、マンダリンオリエンタル東京のクリスマス鉄道模型ディスプレイ。

集める、作る、走らせるという楽しみ方はもちろん、じっくりと走る姿を眺める楽しさもある鉄道模型。今回は、マンダリン オリエンタル 東京で開催されているクリスマス限定の鉄道模型ディスプレイをご紹介。クリスマスシーズンらしい演出にも注目です。

後世に残したいヘンリープールの燕尾服。秘められたストーリーを紐解く_image

後世に残したいヘンリープールの燕尾服。秘められたストーリーを紐解く

ロンドン在住の音楽家、渡邉さんがイギリスのヴィンテージ事情をレポートする本連載。今回は燕尾服を紹介します。演奏で使用する燕尾服を探して見つけたのは、サヴィル・ロウ最古のテーラー「ヘンリー・プール(Henry Poole)」の名品でした。

ご当地インク×万年筆イラストで全国旅気分。万年筆画家・サトウヒロシが描く「群馬県」編_image

ご当地インク×万年筆イラストで全国旅気分。万年筆画家・サトウヒロシが描く「群馬県」編

その土地ならではの風景や美味しい食べ物などをイメージして作られる「ご当地インク」。思い出として、行った証として手に入れる。もちろんそれもいいけれど、色のイメージを再現された「絵」を見て、そこから旅の計画を立ててみるのはいかがだろうか?

初回に引き続き、SNSやYoutubeなど多方面で活躍されている万年筆画家・サトウヒロシさんに、ご当地インクを使ってその土地の名産品や観光名所などのイラストを描いてもらった。

今回ご紹介するのは、群馬県館林の「三田三昭堂」。

サトウヒロシさんが描く旅の素敵なワンシーンとともに、作り手の想いを載せて巡るご当地インク旅。いざ行ってみましょう!