第五次手彫證券印紙 一錢

0

第五次手彫證券印紙は2mmだったガッター(目打の入れられる印面と印面の間)が3mmになっている(五銭は何故か2mmのまま)。第五次印紙も第二次、第三次、第四次と同じ日に発行された。つまり第二次から第五次は同じシリーズの印紙であるが製造方法に細かい差異があるために便宜的に付けられた名前である。
全手彫印紙の中で写真の一銭が最も手に入れ易い。

Default