583系

0

昭和42年(1967)に登場した世界初の寝台/座席両用という特急形交直流電車581系は、翌昭和43年(1968)には、東北本線の複線化と電化工事の完成によって、新たに東日本地域の交流50Hzに対応した、50/60Hz両用の583系として改良が加えられて登場しました。昼行特急は「はつかり」、夜行寝台特急は「はくつる」「ゆうづる」として、上野-青森間で活躍を始めました。その後は「雷鳥」や「彗星」、「有明」などに使用されましたが時代の趨勢により特急で使用されることも減少していき、一部が419・715系近郊形電車に改造される等しました。

Default
  • File

    who-me-A

    2017/12/11

    新幹線に特急の座を渡して久しいですが横断鉄道にはまだまだ見られます(伯備線とか)でもローカル線から特急が消えるに従いローカル線の速度が上がった気がします。

    返信する
    • File

      Chikatetu-Kanji

      2017/12/12

      郷愁漂う夜行列車が消えてしまったのは残念です(T_T)

      返信する