EF64 0番台(JR貨物更新色)

0

EF64 0番台は、昭和39年(1964)に登場した中勾配線区用の電気機関車で、主に中央本線や上越線などで使用されました。登場時期や車号によって、旅客用電気暖房の装備・非装備、屋根上機器の配置を変更した仕様などがあります。JR貨物色は特別保全延命工事が施された車両の塗色で、ブルーの濃淡ツートン+ホワイトのカラーリングが施されており、一目でそれとわかるカラーリングを備えていますが、施工した広島車両所と大宮車両所では、貫通扉・ナンバープレート・エアフィルター・帯の配色が異なっています。

Default
  • File

    ace

    2018/4/2

    これを"懐かしい"と思うときがくるとはなぁ、という感じですね😅

    返信する
    • File

      Chikatetu-Kanji

      2018/4/2

      国鉄時代の車輌が珍しくなってきてますからねぇ(^^;

      返信する
    • File

      ace

      2018/4/2

      今こちらでは最近までEF66を見かけてましたが、もうEF200に置き換わってしまったようです。
      線路に近づくたびに寂しくなります😔

      返信する