201系(京阪神緩行線)

0

201系は101系の後継として1981年から量産された通勤型電車です。電機子チョッパ制御を採用し、電力回生ブレーキを装備した「省エネ電車」として設計・製造されましたが、製造コストが高いことから1,000両程度の製造に留まりました。京阪神緩行線に投入された201系はスカイブルーの塗色で活躍しましたが、その後は後継車輌の登場により更新工事の上、奈良線等で運用されています。

Default
  • File

    kinggidoko

    2018/8/11

    こんにちは。解説にあるようにこの車両、奈良線でみますね。大阪市内ではほとんどお目にかかっていないので残念ですが。

    返信する
    • File

      Chikatetu-Kanji

      2018/8/11

      コメントありがとうございますm(_ _)m
      JR東日本では全廃となりましたがJR西日本ではまだまだ現役ですね👍

      返信する