DE10(耐寒型)

0

ローカル線の貨客列車牽引や入換用途を主目的として1966年(昭和41年)から1978年(昭和53年)までに合計708両が製作され日本各地のローカル線で蒸気機関車を置き換え、動力近代化を促進しました。動軸を5軸として13t級の軽軸重を実現し、3軸+2軸の台車配置・前後非対称の車体構造など広汎に使用可能とするための設計が随所に盛り込まれています。入換作業はもとより、臨時列車や貨物列車の牽引までをこなす高い汎用性から、国鉄の一形式単独としては唯一JR7社すべてに継承され使用されてきましたが、近年では客車列車や貨物列車を牽引する機会が減少しており、東海旅客鉄道(JR東海)では全車が廃車されています。

Default
  • File

    ace

    2018/7/24

    これが消えたのは寂しいですね😢

    返信する
    • File

      Chikatetu-Kanji

      2018/7/24

      まだまだ貨物の入れ換え機で頑張ってる仲間もいますよ✊

      返信する
    • File

      ace

      2018/7/24

      おぉ( ゚д゚)

      返信する