JLP_20.ベンチャーズ・ア・ゴー・ゴー    (THE VENTURES a go-go)

初版 2023/03/28 05:51

改訂 2023/05/06 13:58

ジャケット(帯なし/帯付)
タイトル,レーベル,品番,発売日,初版アルファベット,定価,初版PM

※LP-7445はペラのゲート・フォールド。
※GXH-31は厚手のシングル・ジャケ。

※LP-7445の内ジャケ。

※LP-7445の初回特典(!?)訂正表。
 ジャケット内の収録曲記載に誤りがあったため。

※内ジャケの収録曲記載の3タイプ。
 Type-1 誤って「スウィンギン・クリーパー」が記載されている
 Type-2 「スウィンギン・クリーパー」を黒塗りしたもの
 Type-3 正しく「ナイト・スティック」と修正したもの
 (但し、曲順はどれも正しくない)
※帯とレーベルは、最初から「ナイト・スティック」と印刷されていた。

  1. ベンチャーズ・ア・ゴー・ゴー 東芝  Liberty LP-7445(S)  1966.01.05 (H)   ¥1,800 M5
  2. ベンチャーズ・ア・ゴー・ゴー キング  U.A.   GXH-31(S)   1978.07.21    ¥2,000

  ※LP-7445の品番は、クリスマス・アルバム(LP-7447 1965.11.25)よりも若い。
   クリスマス・アルバムが急遽発売されたことによる調整があったのだろう。
  ※LP-7445は赤盤。

総目録掲載期間

  1. LP-7445 1967年版〜1969年版
  2. GXH-31 1978/79年版〜1982年版

裏ジャケット

※GXH-31の裏ジャケ写真には、ジェリー・マギーやジョン・ダリルもいる。
 おそらくUS盤の再プレス分には、このような裏ジャケが使われたものと思われるが、
 私は所有していない。

レーベル

ソング・オーダー

その1(LP-7445)

Side-A
  1. パラダイス・ア・ゴー・ゴー(Ten Seconds To Heaven)<Frank Perry>
  2. サティスファクション((( Can't Get No)Satisfaction)<M.Jagger-K.Richard>
  3. 2000パウンド・ビー(パート1)(2000 Pound Bee Part1)<Mel Taylor>
  4. 若さでゴーゴー(Go Go Slow)<Wilson-Taylor-Edwards-Bogle>
  5. ルイ・ルイ(Louie Louie)<Richard Berry>
  6. ナイト・スティック(Night Stick)<Wilson-Taylor-Edwards-Bogle>
Side-B
  1. ウーリー・ブーリー(Wooly Bully)<Samudio>
  2. ゴー・ゴー・ギター(A Go Go Guitar)<Wilson-Taylor-Edwards-Bogle>
  3. 2000パウンド・ビー(パート2)(2000 Pound Bee Part2)<Don Wilson>
  4. アイ・ライク・イット・ライク・ザット(I Like It Like That)<C.Kenner-A.Toussaint>
  5. ホイッチャー通りでゴーゴー(Whittier Bivd)<Thee Midniters>
  6. ラ・バンバ(La Bamba)<Arr.&Adpt.Wilson-Taylor-Edwards-Bogle>

その2(GXH-31)

Side-A
  1. サティスファクション
  2. ゴー・ゴー・スロー
  3. ルイ・ルイ
  4. ナイト・スティック
  5. ラ・バンバ
  6. ジ・イン・クラウド(The "In Crowd")<Billy Page>
Side-B
  1. ウーリー・ブーリー
  2. ゴー・ゴー・ギター
  3. ゴー・ゴー・ダンサー(A Go Go Dancer)<Wilson-Taylor-Edwards-Bogle>
  4. スウィンギン・クリーパー(The Swingin' Creeper)<Wilson-Taylor-Edwards-Bogle>
  5. ホイッチャー通りでゴーゴー
  6. アイ・ライク・イット・ライク・ザット
  7. パラダイス・ア・ゴー・ゴー

※LP-7445はUSオリジナル盤から「ジ・イン・クラウド」「ゴー・ゴー・ダンサー」
 「スウィンギン・クリーパー」の3曲をカットし、
 「パラダイス・ア・ゴー・ゴー」「2000パウンド・ビー(パート1)」
 「2000パウンド・ビー(パート2)」を加えている。
※GXH-31は基本的にUS盤通りに戻されているが、最後に「パラダイス・ア・ゴー・ゴー」を
 独自に追加した13曲構成となっている。キング盤のこの「オリジナル名盤復活シリーズ」でUS盤に
 変更が加えられたのは、このアルバムのみ。

US盤

USLP_20
THE VENTURES a go-go
Dolton BLP-2037(M) 1965.09.25
Dolton BST-8037(S)  1965.09.25

※ソング・オーダーは日本盤「その2」と同じだが、
 「パラダイス・ア・ゴー・ゴー」を除く全12曲編成。

コメント

 大ブームとなった「ゴー・ゴー」をテーマにしたアルバムだが、国内盤は3曲差し換えがあり、
曲順も変更されている。US では「パラダイス・ア・ゴー・ゴー」はシングルのみの発売で
(Dolton 308 : 1965)オリジナル・アルバムには収録されていない。

「アイ・ライク・イット・ライク・ザット」 のオリジナルはクリス・ケナー(1961)。
デイヴ・クラーク・ファイブのバージョンが強烈だったが、国内シングルとしては
ナッシュビル・ティーンズ盤が先に発売されていた。
(「タバコ・ロード」のB面で邦題は「とっても好き」 HIT-393 1964.1010発売)

 「ナイト・スティック」 では、「青い渚をぶっとばせ」のメロディが聴かれる。
LP-7445のA1,A3,B3 は疑似ステレオ。「200パウンド・ビー(パート1とパート2)」は
 US でシングルとして発売された曲だが(Dolton 67 : 62.11)、東芝盤としては LP-7445 にしか
収録されていない。
「若さでゴーゴー」と「ゴー・ゴー・ギター」はシングル盤も同時発売(JSg_19 : LR-1446)。
「パラダイス・ア・ゴー・ゴー」はシングルとして先行発売されていた(Jsg_17 : LR-1432 : 65.11.15)

 LP-7445 でカットされた「ゴー・ゴー・ダンサー」は「青い渚をぶっとばせ」と同じ曲で、
後者は前者にバイク音のエフェクト音を追加しただけのものだ。この「ゴー・ゴー・ダンサー」は、
GXH-31 以外のレコードには収録されていない。(東芝から発売された直輸入の8トラック・テープ
には収録されていた。LTR-8613 : 1968.06.15発売)
 
 GXH-31 の「パラダイス・ア・ゴー・ゴー」はリアル・ステレオ・バージョンであり、
これは初出となるため、強引に追加した価値は十分あると思う。

国内盤アナログ・レコード(1950年代〜1960年代〜1970年頃)のデータ・ベース(リスト)を作成しています。
(国内盤レコードDB)
ジャンルはオール・ジャンルで、フォーマットはExcel ファイル(xlsx)です。
現在仮開示しているのは、
日本グラモフォン
東芝
日蓄工業
日本ウエストミンスター
日本ディスク(1950年代)
日本マーキュリー(1950年代)
ユニバーサル・レコード(1950年代)
日本コロムビア
キング・レコード
です。

今後、随時追加していく予定ですが、時間はかかります。

ダウンロードして自由に使って頂いて結構ですが、同時に開示している説明ファイル(ワード文書 or リッチ・テキスト)を
よくお読みになってください。また、現段階ではあくまでも仮開示であり、完成形ではないことにもご留意ください。

https://1drv.ms/u/s!ApINowI3ybkacrP3M_GV7wSe6j0?e=67lDy2

Default