Music Monthly,Record Monthly 番外編1

0

Music Monthly,Record Monthly の番外編です。

この小冊子の特徴と言えそうなポイントを、
いくつか取り上げてみたいと思います。

1.メーカー月報に記載のない商品も掲載

 これは資料的価値としての側面です。
 画像1は1967年8月号のリストですが、ビートルズ(サージェント以外)や
 フォア・フレッシュメンのLPが掲載されています。
 これらはいわゆる焼き直しで、品番や定価を変更しての再発盤ですが、
 「新装再発売」であることの断り書きと旧品番を添えて記載されています。
 東芝月報には、載っていません。
 月報での不掲載は記載漏れではなく、編集方針だと思います。
 つまり、月報だけでは発売商品の全容はつかめない、ということです。
 (番号順総目録には記載されています)

2.発売中止盤が掲載されていることもあり

 これはコレクター的なレア・アイテム探索という側面です。

 画像2は1964年6月号のリストですが、東芝からの邦楽コンパクト盤の
 第1回分が紹介されています。(別ページ分も含めて全5タイトル)
 ところが、これらの商品が実際に発売されたのは同年10月でした。
 (画像3がそれを伝える月報の1964年10月号です)
 何らかの事情で発売が遅れた、というだけならばままあることですが、
 弘田三枝子さんだけは、収録曲が当初の予定から変更されています。
 ところが、変更前の6月新譜バージョンの現物(見本盤?)が存在し、
 正規品とは別ジャケになっているのだそうです。

 画像4は、梅木マリさんの「白ゆりの丘」(JP-1567)で、
 Music Monthly の1963年7月号に掲載されています。
 発売中止になったらしく、幻のレコードになっています。
 メーカーの月報にも総目録にも記載がありません。

 こういったアイテムが載っているとうことは、
 マンスリー系の外部編集冊子の方が、自社編集の月報よりも校了〆切が早く
 その後の修正が反映していないからではないか、と想像しています。
 これ以外にも、シングル盤のカップリング曲が違っている,
 品番が変更されている等々、少なからず見受けられます。

3.表記の癖(!?)

 画像5は、Music Monthly1964年6月号のリストですが、
 「トロムボーン16」と題するLPがあり、アーティスト名も
 「河辺公一とトロムボーン16」となっています。
 画像6は、同じアイテムのコロムビア月報(64年6月)掲載分ですが、
 ジャケ写も含めて「トロンボーン」となっています。
 同様のことが「トランペットがトラムペット」でも、
 割と目に付きます。(コロムビア盤に限らず)

 この辺り、マンスリーとしての編集方針と言うか、編集者のこだわり
 のようなものを感じます。
 「コロンビアじゃなくてコロムビアだと言うのなら、トロンボーン
 ではなくトロムボーンでしょ」という声が聞こえてくるようです(1?)

#アナログレコード
#レコード資料
#MusicMonthly
#RecordMonthly
 
 

Default